FC2ブログ

2020-04

| 2013.02.03 - Sun  |  温泉と手作りのものたち |


母にのんびりしてもらおうと、カナダの温泉一泊二日のツアーに参加してきました。
ここ数日の冬空は彼方へ消え去ったのか、この快晴!!!

さてこのツアー、温泉へ向かう途中にも
チーズやヨーグルトなどの乳製品、オーガニック石鹸、蜂蜜、スモークサーモン、ワインなどなど
様々なファームや手作りのものたちを販売しているお店に寄ってくれました。

P1120695.jpg
キッシュにスコーン、クッキー
家族経営のファームでとれたミルクを使った焼き菓子と
それをつくるおばさまの笑顔が最高です。

P1120734.jpg
アトピーの症状が強く出てしまう敏感なお肌のお子さんのために
100%オーガニックの石鹸を作り始め
お友達にお裾分けしているうちに評判となってお店を始めたという
元モデルの素敵なお母さん。

P1120747.jpg
時々動物のこどもたちに癒され…

P1120805.jpg
癒され…

P1120760.jpg
養蜂所に見学に来た小学生達のものであろう蜂の絵に癒され…

P1120821.jpg
生まれて初めてワイン樽の並ぶ様を目の当たりにし

P1120764.jpg
本物よりくっきり鮮やかに見える水鏡に遭遇し

P1120782.jpg
潮の干いた海水湖の中に立って、視界が全部紫に染まる時間を過ごし…

何だか自然の色んなものと
それに寄り添ってものづくりをしている人達に
たくさん力をもらえたのでした。

スポンサーサイト



| 2013.01.31 - Thu  |  片栗粉 |

スノボに行った友人が
カナダの雪を評して「片栗粉」と言いました。
「…でも、片栗粉ともちょっと違うんだよねえ…」
いったいどんな雪なのか?!
という訳で(?)
今日はバンクーバーオリンピックの会場ともなったWhistlerへ行ってきました!


25分もゴンドラに乗ったのは初めてだ…!

P1120680.jpg
25分の後、更に山と山をつなぐゴンドラ「Peak 2 peak」へ乗り継ぎます。
絶景!!!

P1120661.jpg
なるほどこれが、片栗粉の雪。
きゅきゅっと、踏むと不思議な固まり方。
たしかにこれは、例えがたい感触…

P1120653.jpg
山の谷間に霧の大河。

↓Whistlerの写真はこちらでご覧になれます。お時間ありましたらどうぞ!
Facebookアルバム「Whistler」

| 2013.01.19 - Sat  |  自分の国 |

以前Burnaby Mountain Parkにも連れて行って下さり(9/6
こちらでの生活をたくさん支えて下さったご家族が
お家に呼んで下さいました。
ご家族行きつけの中華料理屋さんで飲茶のお昼を食べたあと
お家へお邪魔して、一人娘のえりかちゃんと絵を描くことに。


Cup & Saucerが魅力的!

柔らかな色のよく乗る鉛筆をスケッチブックに走らせながら
愛情いっぱいの家族写真を見せて頂いたり
旦那さんの大好きな映画の話をしたり
私の絵を見て頂いたり
ゆったり、穏やかな土曜の午後。

お父さんがEl Salvador人、お母さんが日本人
そしてカナダ育ちのえりかちゃんは
英語は勿論、日本語の会話も難なくこなし、スペイン語も聴きとることはできるそうですが
自分の気持ちや考えを一番表現できるのは何なのだろう…
と、気になって聞いてみました。
予想はしていたけれど、こたえはやはり、英語。

以前お母さんに「国籍どっちにするの?」と聞かれ「Canada」と即答していたえりかちゃん。
日本も大好きでいてくれいる様だけれど
やっぱり自分が育ち、学び、遊び、日々を暮らしているこの地が
自分の母国、なのかな。

自分のルーツが世界の色んなところにある、というのは素敵だなあと思います。
カナダは移民の国なので、両親のどちらかが、もしくは両方共、
他の国出身であることが珍しくありません。
語学学校の先生たちも、国際結婚されている方が多いし
先生のひとりは「自分の世界が広がって面白いわよ!」と楽しそうに話してくれました。

自分の気持ちを、一番伝えることができるのは母国語かもしれない。
それでも、伝えたい、知りたいと思える人が母国語の異なる国にできるというのは
自分の世界を広げてくれる物凄く大きなきっかけのひとつなのだろうなあ。

| 2013.01.12 - Sat  |  冬空の下 |

夏に訪れたBurnaby Mountain Park(9/8
友人が「行ってみたい!」ということで再訪することに。

前回は最寄り駅から車で連れて行ってもらったため、
初めてバスで向かったのですが…
すぐ横の大学の広大なキャンパスに迷い込み…

ぴんと張りつめる空気のつくる造形の面白さに目を奪われつつ
1時間弱でつく筈が2時間半さまよい
遂に到着…!!
P1120487.jpg
変わらぬ絶景!!

P1120493.jpg
日が沈むのを見届けようかとも思いましたが…

P1120490.jpg
芝生にも落ち葉にも霜が降りる寒さに、予定変更…!

P1120499.jpg
なかなか立派な木々の、柔らかな苔の障り心地を確かめつつ
帰路につきました。

都市のすぐ傍に、こうして広大な自然がある。
いいなあ。

この感じ
沖縄芸大の屋上で毎日のように夕日を観ていたときの感覚に似ている気がします。
あの頃もああして大きな自然の気配に触れて
それが自分の表現に表れていたのかな。

これからどこに行ってもきっと
自分にはこういう時間が大切なのだと思います。


↓Burnaby Mountain Parkの写真はこちらでご覧頂けます!
 Facebookアルバム「Burnaby Mountain Park」

| 2012.12.23 - Sun  |  忘れられない旅 |

語学学校の先生の企画で、21〜23日の2泊3日
Gambier Island という島へ行ってきました。

街に帰ってきた今も、まだ頭が島に留まったままで
この旅があっただけで、カナダに来てよかったと思えます。

P1120077.jpg
朝、静かな青い空気の中を散歩

P1110898.jpg
心地いいコテージをクリスマス色に

P1110887.jpg
アップルジュース、クランベリージュースにシナモン
クローブをいっぱい詰めたスライスオレンジでつくる
あったかアップルソーダ

P1120045.jpg
ジンジャーブレッドのキャンバスに自分の世界

P1120016.jpg
中でも忘れられない
苔むす、水をたっぷり含んだ山

その山で、先生から
「散らばって、1分間音を立てず、目を閉じてみましょう」
という素敵な提案。
1分間に味わった、視覚を閉ざした時に入って来る情報の多さと大きさ。
WiFiも、大きな道路も、ビルも、人混みもない。
ガイドさんがいなければ、道を見失ってしまいそうな緑の世界。
何故か疲れを感じなかった道行き。

先住民の人々が生き、あの文様たちを生み出したのは
ここに通ずる空気の中なんじゃないだろうか。

P1120095.jpg
しとしとと雨の続いた島を発つその時
海の向こうから差した銀色の光。

景色、人、色、音、味…いろんな出会い。
絵で繋がった出会いもあった。
自分に表現の手段があって、本当によかった。
五感全部で吸収した旅。きっと忘れられないな。

↓ 旅の写真を載せています。お時間ありましたら是非!
 Facebookアルバム「Gambier Island」

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Asuka

Author:Asuka
絵描き。

三重生まれ東京育ち
↓沖縄(那覇→伊江島)
↓カナダ
↓イギリス
↓東京
さて、次は…

たくさんのものに出会って、自分の中に生まれる景色を、形にしてゆきます。

http://asukaishii.com

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (625)
未選択 (0)
trip (31)
books (8)
art (59)
goods (7)
movie (3)
music (3)
Vancouver (107)
Canadian Rockies (5)
Canada - other place (15)
Manchester (2)

FC2カウンター

photoback

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR