FC2ブログ

2020-04

| 2015.04.20 - Mon  |  馬と弓と |

はじまりは何てことのないこと。
制作中の作品のために、流鏑馬の資料を集めていました。
あるサイトで紹介されていた写真があまりにも美しくて
馬術と弓術を融合させたこの伝統文化に一気に惹き込まれ
自分のメモのためにもと、Facebookにそのサイトをシェアした記事を書いたのです。

その翌朝。
浅草で友人を待っていたら、記事に大学時代からの友人がコメントをくれました。
「多分、今日鎌倉の八幡様でやってるよ」

…なんだってーー!!!

何というタイミング!!!

これはもう、「行きなさい」ということに違いない!!

待ち合わせ場所に着いて早々「鎌倉行かない?!」
という唐突にも程がある誘いも面白がって同意してくれた友人。(ありがとう!!)

友人がガラス工房でのリューター体験を予約してくれていたので
まずはそちらへ行ってから(それはまた次の記事でご紹介します)
いざ、鎌倉!!

予想通りすごい人ではあったけれど
木々の間から、人の頭の上から、何とか見ることが叶いました。
それに何より
馬が駆け、ひづめが土を蹴る音、地に響く感触、
馬のたてがみや手綱、射手の袖がたなびく様、
矢が風を切る音、的が射抜かれ「パン!」と空気を断つような音。
的がよく見えなくても「パン!」と音が響けば
「おおーっ!!」と感嘆のざわめきが起こる。
そういう〝場〟を肌で感じられたことが何よりも嬉しくて。

IMG_6354.jpg
駆け終え戻る、馬と射手

IMG_r8178.jpg
〈友人撮影〉 射手は深く頭を下げてゆきます。

IMG_r8180.jpg
〈友人撮影〉 馬にも射手の所作にも個々の色があるような。

IMG_6370.jpg
馬上からの弓引きのあとは

IMG_r8183.jpg
〈友人撮影〉 舞殿に場を移し、神事へ。

IMG_6372.jpg
舞殿を大勢の観光客が取り囲み撮影していましたが
本殿側の中央に立ち入ると神社の方に
「真ん中は空けて下さい」と声をかけられていました。
鳥居も、真ん中は神様の通り道。
そういうこと、なのかな。
そういう心を感じられる場、いいな。

IMG_6374.jpg
もののふ達の背中。

IMG_6375.jpg
ふっと一息、の雰囲気。

IMG_6385.jpg

ああ、本当に来られてよかった。
満ち足りた、ということばがぴったりの一日でした。

IMG_6379-2.jpg
ちなみに馬場はこんな感じ。
140間(約254m)の長さがあるそうです。

スポンサーサイト



| 2015.01.06 - Tue  |  The birthday of the great detective |

名探偵の代名詞
といっても過言ではないであろうシャーロック・ホームズ。

アーサー・コナン・ドイルの生み出したこの探偵の物語を
研究する人は世界中にいらっしゃいますが
その研究によれば、ホームズの誕生日は今日、1月6日なのだそうです。

ちなみにワトソンと出会ったのは、ホームズが27歳の時だとか。

10906153_571626012973676_1037561590799173306_n.jpg
ワトソンとハドソン夫人のサプライズ。

10897969_571627729640171_1951791719932269838_n.jpg
現代版ならこんな感じかな?

100年経っても世界中の人を魅了し続けるホームズ。
きっと幾度1月6日を迎えても、その魅力は色褪せないのだろうな。

Happy Birthday, Holmes!

| 2014.06.09 - Mon  |  六花を追い続けた人 |

洒落た本屋さんがありまして
アンティークの扉が飾ってあったり
陶器のブローチや革の手作り雑貨や
月光荘のバッグを置いていたり
文庫も出版社ごとではなく
同じジャンルの上製本と一緒に並べられていたり
絵本や専門書もなかなかマニアックな品揃え。

そんな本屋さんで、ふと手に取った素敵な本。

P1180563.jpg
『中谷宇吉郎の森羅万象帖』

雪の結晶を追い続けた人。

どうやら昨年展示があったようで(行きたかった…!)
そのギャラリーがつくった本のようです。

P1180562.jpg
銀の紙にスミ一色で刷られていたり

P1180556.jpg
顕微鏡で見た結晶の写真が透明のフィルムに印刷されていたり

P1180559.jpg
結晶を分類した図が薄くさらっとした手触りの紙に印刷されていたり

P1180557.jpg
最後にはルーペが綴じ込まれていたり…

ただの図録ではない、
遊び心と洒落っ気いっぱいの一冊。

ちなみに「森羅万象帖」というのは
宇吉郎が北海道大学赴任中、学生を啓発するために作ったアルバムの名で、
面白い、不思議だ、と感じた現象の写真を学生がそれぞれ貼り付け
研究テーマを見つけたり、議論を深めてゆくのに使われたのだとか。

すてきな本に出会えました。

| 2014.05.18 - Sun  |  〝無〟の時間 |

散歩が心地いい季節になってきました。
(豪雪だろうと散歩してしまうのですが!)


緑の葉を通した光の清々しさ。
風の音と感触。

最近〝無〟の時間についてよく考えます。
眠りに落ちる前の暗闇
ざざざあ、と木の葉が揺れる下にいる時
雲が形を変えながら駆けてゆくのを見ている時
頭の中を空っぽにして
自分を取り囲む自然に対して〝開く〟時間。

沖縄芸大にいた頃、屋上にお気に入りの場所があって
どうにも筆が進まない時や、あまりにも光がきれいな時には
よくそこに座って、体を抜けてゆくような風をいっぱい受けて
ラピュタがありそうな雲や
青い空にくっきり浮かぶ末吉公園の緑
首里城の上に伸びる大きな虹
街の向こう、海の向こうの慶良間諸島を
眺めていました。

何の気無しにやっていたことだけど
あの時間は多分自分にとって、とても大切だったのです。

東京は情報が良くも悪くも多くて
〝閉じ〟てやらねば入ってきすぎる。
でも、それが続くと麻痺してしまう。
こうして〝開く〟時間、大切にしなくては。

| 2014.02.04 - Tue  |  100%の歌 |

少し前にTVで流れていた
ミイがスナフキンのハーモニカに合わせて歌う…
というスズキのCMをふと思い出しました。

ミイが「100%ぉ〜♪ 100%ぉ〜♪」
と、ひたすらに100%を連呼する歌詞に
「100%ボツよ、こんな曲っ!」と突っ込んで終わるのですが
友達に紹介したくて探したところ
なんと「100%の歌 フルバージョン」なるものが存在!!



一度聴いたらその日一日
「100%ぉ〜♪」とミイが頭の中で歌ってくれることうけあいです。

fc2blog_2014020413494621a2.jpg
そういえば、ミイとスナフキンは異父姉弟なのですよね。
ミイがお姉さん……

世の中は不思議でいっぱいだ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Asuka

Author:Asuka
絵描き。

三重生まれ東京育ち
↓沖縄(那覇→伊江島)
↓カナダ
↓イギリス
↓東京
さて、次は…

たくさんのものに出会って、自分の中に生まれる景色を、形にしてゆきます。

http://asukaishii.com

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (625)
未選択 (0)
trip (31)
books (8)
art (59)
goods (7)
movie (3)
music (3)
Vancouver (107)
Canadian Rockies (5)
Canada - other place (15)
Manchester (2)

FC2カウンター

photoback

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR